教育・研修制度

ホーム > 教育・研修制度

NTNの教育研修制度

※学卒事業所採用の制度とは一部異なります。

一人ひとりの個性を活かし、成長を促す能力開発システムを提供。
積極的に活用し、NTNの明日を担うプロ人材を目指す。

NTNの企業行動指針の一つは“社員の人間性の尊重”。新人教育についても、あくまでも個人を尊重して、自己啓発意欲のある人材の自主的・主体的な能力開発を行っているため、「人との対話」を中心とした教育研修制度をしっかり整備しています。プロ人材として急変する環境への素早い対応力や、広い視野と行動力を持つ人材の育成が目標。NTNでは「人こそ最大の財産」という考えのもと、きめ細かなサポートを展開しています。

新入社員フォローアップ研修システム

新入社員については、入社後3年間を適性発見期間と捉えて、集合研修、OJT、個人面接、自己啓発といった多彩なプログラムを組み合わせた教育研修を実施しています。自分がNTNで何をしたいのか、自分に何ができるのか、本人の希望・適性を確認しながら、きめ細かく成長の過程をフォロー。本人の個性や自主性を尊重して、総合的な能力開発を図っています。

入社後3年間のフォローアップ研修システム

入社後3年間のフォローアップ研修システムイメージ

導入研修

「社会人とは」というテーマからスタート。意識・態度・行動など様々な面において、社会人・企業人として不可欠な事柄を習得します。グループワークを通じてメーカーとしての企業活動を体験的に学習するなど、社会人そしてNTNパーソンへの第一歩を踏み出す内容となっています。また、就業規則や組織・業界の動きに至るNTNの基礎知識についても研修します。

実習

メーカーの社員として不可欠な製造部門に関する知識・技能の習得と、もの造りの現場を体験することを目的として実施しています。実習中に随時実施する「もの造り研修」を通じて、もの造りの基本を学ぶとともに、“生産のモノの流れ”も把握します。

実習後フォローアップ研修

実際に配属先で業務に就くにあたり、必要とされる「知識」の習得と仕事に取り組む「意識」の再確認を行います。

自己申告制度

あくまで個人を尊重する人材育成をモットーに、年1回、現状の職務に対する本人の考え方や能力発揮状況、資格取得の状況について、人事に現状と希望を伝える機会を設けています。これにより、業務を進めるうえでの障害を取り除き、常に100%の能力を発揮できるのです。

O.J.T.

NTNでは人を育てる風土が浸透しており、先輩が後輩に対して必要な知識・技能・態度を日常の業務を通じて指導していくO.J.T.が充実しています。経験を踏まえたうえでの指導によって、仕事の進め方を知識と体験の両方で覚えていくことができます。

1年次フォローアップ研修

入社から1年間を振り返り、『新入社員』から『若手社員』へ成長するために、自分の経験の棚卸しを行います。各職場で活躍するために必要なスキルの確認、能力開発を行います。

2年次フォローアップ研修

適性発見期間を終えて実施するキャリア形成と自立を促す研修です。正式配属から1年間を振り返ると共に、自覚・自立をキーワードに、ステップアップに必要な能力を養っていきます。

3年次フォローアップ研修

中堅社員としての自立を促す研修です。企画力、問題解決能力、マネジメントサポート能力など中堅社員として必要なスキルを伸ばし、更なる飛躍を目指します。

ジョブローテーション

NTNでは、社員がNTN全体についての業務知識を深められるよう、計画的に人事異動を行っています。

公募制度

新規事業やプロジェクトを立ち上げる時や事業の強化を図る時など、ある部門が新しい人材を必要とした時に社内から人材を募る制度です。個人の意思でエントリーすることができます。

研修風景 研修風景

メンター制度

先輩社員を新入社員のメンター(助言者・指導者)として、社会人への円滑な移行と精神的なサポートを図る制度です。

グローバル教育

  • 語学教育
    海外事業展開を拡大しているNTNでは、海外勤務者のみならず、たとえ日本にいても社員一人ひとりが国際人として世界を視野に入れて仕事を進められるよう、国際社会に通用する人材の育成に力を注いでいます。自己啓発において、事業所で少人数クラスでの語学教室の開講の他、英会話のウェブレッスンやスマートフォンを用いたモバイル英語学習などの語学研修を採用しているのもその一つです。積極的な海外展開を背景にますます高まる語学力のニーズや社員の語学力向上意欲に応えるために、体系的に語学力を習得できるようなプログラムを構築・実施しています。
  • 海外トレーニー制度
    グローバルな事業展開を支える人材育成施策の一環として若手社員を対象に実施しているNTN海外拠点への派遣制度です。約1年にわたって独自に設定されたプログラムを実践することで、語学や専門職務、グローバルなコミュニケーション能力を養います。派遣対象者は毎年1回公募によって募集しており、これまでにアメリカ、フランス、ドイツ、タイ、中国への派遣実績があります。海外トレーニー制度の利用者の多くは、派遣期間終了後に国内で語学力や専門知識が求められる業務を担ったのち、駐在員として海外事業所で活躍しています。

自己啓発支援

自己啓発支援の一環として、各種の通信教育の受講などに対して補助金を支給しています。また、TOEIC受験の機会を提供する「TOEIC受験奨励制度」や、社会に通用する資格の取得やスキルアップを支援する「資格取得奨励制度」など、社員の旺盛な啓発意欲に応える各種制度を整備しています。

留学(奨学)制度

より高度な専門技術・知識を有する人材や国際社会に通用する人材を育成する目的で、国内外の大学院やビジネススクール、ロースクールなどへの留学制度を整備しています。対象者は、公募形式で毎年募集しており、意欲と実力のある社員であれば部署を問わず留学のチャンスを与えています。専門性を磨いて復職すれば、新たな活躍範囲を自ら切り開いていくことができます。

【主な実績校】
東京大学、東京工業大学、名古屋工業大学、大阪大学、神戸大学、大阪府立大学、大阪市立大学、慶應義塾大学、関西学院大学、ノースウエスタン大学、コロンビア大学、ヴァージニア大学、ブラッセル自由大(ベルギー)ほか