HOME > 商品・技術情報 > 産業分野別 商品一覧

産業分野別 商品一覧

あらゆる機械の回転部に不可欠なベアリング、その技術で世界をリードするNTN。身の回りの家電製品から自動車、鉄道、風力発電、航空機やロケットまで、NTNは、幅広い産業を高品質なベアリングで支えています。また、高い技術力を活かし、精密機械やシステムなども提供しています。

写真:自動車・二輪車

自動車・二輪車

一台に100個以上のベアリングが使用される自動車。NTNは、ハブベアリングのほか、エンジンからの動力を伝える等速ジョイント(CVJ)などで世界有数のシェアを誇っています。

写真:電気自動車

電気自動車

資源の有効利用や環境保全への貢献が期待される電気自動車(EV)。 NTNは、EVモータ専用のベアリングを商品化し、さらには、インホイールモータシステムをはじめとする数々のEVシステム商品を開発しています。

写真:鉄道車両

鉄道車両

高い信頼性が求められる鉄道車軸用ベアリング。NTNのベアリングは、世界各国の高速鉄道で採用され、時速300kmを超える運行の安全を支えています。

写真:風力発電装置

風力発電装置

再生エネルギーとして需要が拡大する風力発電。NTNは、直径2mを超える超大形ベアリングだけでなく、装置の安全稼動を実現するシステムまで、トータルで提案します。

写真:建設・鉱山機械

建設・鉱山機械

厳しい環境で稼動する建設・鉱山機械。NTNのベアリングは、高い性能と信頼性で、安全で確実な作業遂行に貢献しています。

写真:農業機械

農業機械

泥水環境をはじめ、厳しい条件で使用する農業機械。NTNは、長寿命、高信頼性、経済性を兼ね備えたベアリングを提供しています。

写真:工作機械

工作機械

超高速回転やサブミクロンレベルの精密加工を支えるNTNの工作機械用ベアリング。摩擦熱や遠心力に耐える高度な設計・材料技術が可能にしています。

写真:事務機器

事務機器

複写機やプリンタなど事務機器の回転部に使用されるベアリング。 NTNは、耐熱性に優れたボールベアリングのほか、摩擦・摩耗特性に優れた樹脂製すべり軸受やクラッチ製品も提供しています。

写真:製鉄機械

製鉄機械

高熱、高荷重の耐水性が求められる製鉄機械用ベアリング。NTNは、24時間休むことなく稼動する製鉄所を高耐久性のベアリングで支えています。

写真:製紙機械

製紙機械

耐熱性や高速化への対応など、一連の工程で多種多様な要望のある製紙機械用ベアリング。NTNは、それらに応え、長寿命化による設備のメンテナンスコスト削減や稼働率向上に貢献しています。

写真:食品機械

食品機械

クリーンで安全・安心な環境が求められる食品製造ライン。NTNは、油やグリースを使用しないベアリングをはじめ、樹脂製ベアリング、すべりねじ、パーツフィーダなどを提供しています。

写真:医療機器

医療機器

1分間に数10万回転に達する歯科用の小さなベアリングから、1mを超える超大形で高精度なCTスキャナ用のベアリングまで、NTNは高品質なベアリングを提供しています。また、補助人工心臓ポンプ用磁気軸受の技術も有しています。

写真:航空・宇宙

航空・宇宙

極めて高い技術が求められる航空機のジェットエンジンやロケットターボポンプ用のベアリング。NTNでは、顧客認証を取得した特殊工程、恒温・クリーン環境での超精密加工など、徹底した品質管理を行っています。

写真:精密機器商品

精密機器商品

精密機器用ベアリングをはじめ、ベアリング開発で培ってきた技術を生かし製造したリニアモジュール、パーツフィーダ等の精密機器も提供しています。

写真:ロボット

ロボット

正確な動作で安定した稼動が必要なロボット。NTNは、高圧・高剛性および高精度を満たしたロボット用ベアリングを提供しています。

写真:電機

電機

発電機やモータなどで用いられるベアリングでは、低トルクで優れた耐久性、安定性が求められます。NTNは、潤滑剤(グリース)の開発や提案も含めたベアリングを提案しています。

写真:真空・クリーン

真空・クリーン

特殊な潤滑剤や表面処理の技術により、真空中でも使用可能なベアリングを提供しています。NTNの真空用ベアリングは、10-10Paという超高真空にでも安定した回転を実現します。

写真:変減速機

変減速機

産業機械のさまざまな用途に使用される減速機。減速機の性能向上や小型化など、NTNはあらゆるニーズにあわせて、ベアリングを選定しています。

写真:自然エネルギー商品

自然エネルギー商品

NTNの小形風車・水車は、独自の翼技術の活用により、高いエネルギー効率と発電効率を実現したエコ商品です。小型・高効率なNTNの自然エネルギー商品は、再生可能エネルギーの活用を促進し、低炭素化社会の実現に貢献します。