HOME > ニュース > 広報ニュース:2021年 > 「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言への賛同を表明

2021年

印刷する

「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」提言への賛同を表明2021年5月28日広報ニュース

NTN株式会社(以下、NTN)は、このたび、金融安定理事会(FSB)により設置された「気候関連財務情報開示タスクフォース(以下、TCFD)」の提言に賛同することを表明しましたのでお知らせいたします。

NTNグループは、「新しい技術の創造と新商品の開発を通じて国際社会に貢献する」とする企業理念の実践を通じて、世界を取り巻く社会課題の解決に貢献し、持続可能な「なめらかな社会」の実現を目指しています。

気候変動への対応については、環境基本方針の項目のひとつに「自社技術による地球温暖化防止への貢献」を掲げ、事業活動を展開しています。当社の主力商品であるベアリング(軸受)やドライブシャフトなどの摩擦を減らすことで省エネルギー化を図る環境貢献商品の開発や提供を通じて、自動車をはじめとするあらゆる産業におけるエネルギーロス低減に貢献しています。さらに、風力発電装置向け商品や、移動型独立電源「N3 エヌキューブ」など自然エネルギーを活用した商品の開発・提供を通じて、再生可能エネルギー市場の成長、普及にも寄与しています。また、生産だけでなく物流などを含めた事業活動全体でCO2排出量の削減や有害廃棄物の削減に取り組むほか、グリーン調達など、自社だけでなくサプライチェーン全体における環境負荷低減にも積極的に取り組んでいます。

今後は、気候変動が事業にもたらすリスクや機会について分析を行い、経営戦略に反映させるとともに、TCFDの提言に基づいた情報開示を積極的に行います。

NTNは、機関投資家をはじめとしたステークホルダーとの対話を通じて、気候変動に対する取り組みをより一層強化し、事業活動を通じて社会の持続的な発展に貢献してまいります。

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)について

TCFD(Task Force on Climate-related Financial Disclosures)は、金融安定理事会(FSB:Financial Stability Board)により設置されたタスクフォース。2017年6月に投資家等に適切な投資判断を促すため、気候関連のリスクと機会による影響についての情報開示を企業等に推奨する提言を発表

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)

NTNのサステナビリティへの取り組み

https://www.ntn.co.jp/japan/investors/pdf/annual/ntn_report2020.pdf

お問い合わせ先

NTN株式会社
広報・IR部

TEL:06-6449-3579 FAX:06-6443-3226

お問い合わせフォーム

印刷する