HOME > 商品・技術情報 > 新商品ニュース:2019年 >  コンテナ収納移動型独立電源「N3 エヌキューブ」を開発

2019

印刷する

新商品
コンテナ収納移動型独立電源「N3 エヌキューブ」を開発
2019年5月31日新商品ニュース

迅速に移動、短時間で設置でき、風・水・光の自然エネルギーで発電・蓄電が可能

NTN株式会社(以下、NTN)は、貨物輸送用コンテナに風力・水力・太陽光の3種類の自然エネルギーによる発電装置と蓄電池を格納し、短時間で発電・電力供給が行える次世代のコンテナ収納移動型の独立電源「N3 エヌキューブ」を開発しました。災害時に、電力供給が困難となった被災地等に複数の手段(トラック・貨物船・ヘリコプターなど)で移動し、迅速に少人数で設置することが可能です。

近年、大規模災害が頻発し、非常時における電力確保の体制構築が社会課題のひとつとなっています。また、防災や減災に対する意識が高まるなか、各都道府県においては防災備蓄倉庫の整備が進められていますが、人口1万人あたりでわずか3台の水準に留まっているのが現状です。

今回開発した「N3 エヌキューブ」は、当社がこれまで開発してきた自然エネルギー商品*1を組み合わせただけでなく、新たに「機動性」を加え、停電した被災地等に容易に移動・設置、電力供給を行うことを可能にした商品です。日常から各地域に設置しておくことで、被災時にいち早く発電し、USBポートを利用したスマートフォン等の充電や小型家電製品(AC100V対応)の利用が可能です。また、非常用の発電機の多くは、カセットボンベやガソリンなどを用いるため、長時間使用するためには燃料補給が必要となりますが、「N3 エヌキューブ」は自然エネルギーを活用する独立電源のため、燃料補給が不要です。

さらに、コンテナ内は備蓄資材を収納する棚を設けるだけでなく、休憩用のベンチや机を設置し、更衣室や授乳室、休憩スペースなどさまざまな用途で活用できます。

NTNは、主力商品であるベアリングによる省エネルギー化を推進するとともに、次世代の持続的成長に向けた諸施策を推進しています。その中で新しく取り組む自然エネルギー事業を通じて、エネルギーや環境に関する「SDGs」(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)の目標達成に貢献してまいります。

  1. 2016年7月26日プレスリリース:静粛性の高いハイブリッド街路灯の販売開始
    https://www.ntn.co.jp/japan/news/new_products/news201600058.html
    2017年6月22日プレスリリース:「NTNマイクロ水車」の販売開始
    https://www.ntn.co.jp/japan/news/new_products/news201700061.html

コンテナ収納移動型独立電源「N3 エヌキューブ」

N3 エヌキューブの特長

(1) 自然エネルギー(風力、水力、太陽光)による発電・蓄電装置を完備した移動型独立電源
(2) 貨物輸送用コンテナに装置一式をコンパクトに収納
(3) コンテナ利用で、さまざまな輸送形態や悪路輸送に対応
(4) 現地到着後、短時間で設置し速やかに発電・給電を開始
(5) コンテナ空間は、防災備蓄倉庫や個室スペース等に活用可能

お問い合わせ先

自然エネルギー商品事業部 事業推進部  TEL 0594-33-1256

お問い合わせフォーム

「N3 エヌキューブ」の仕様

商品タイプ 12フィートコンテナ
輸送手段 トラック、貨物船、ヘリコプターなど
発電装置 風車:0.5kW、水車:1.0kW、太陽光:0.9kW、蓄電池:8.6kWh
施工工数 2名×1時間
耐久性 風車・太陽光:30m/s*2、水車:2m/s*3
  • *2 極値風速 *3 最大流速

主な活用例

  • 調理機器、保管機器への電源供給
  • 備蓄食の供給
    (例:100人×3食×3日分=900食)
  • 飲料水の供給
    (例:プールの水などのろ過に使用)
  • 医療用機器への電源供給
  • AEDの利用
主な活用例
  • 空間の提供
    (断熱塗装、断熱材で構成)
  • 情報機器への電源提供
    (Wi-Fi)
  • スマートフォンの充電
    (2,000台/日)
  • トイレ、冷暖房機器への電源供給

商品展開例

商品展開例

印刷する