HOME > ニュース > 広報ニュース:2021年 > 「2020年度日本トライボロジー学会 技術賞」を受賞

2021年

印刷する

「2020年度日本トライボロジー学会 技術賞」を受賞2021年4月16日広報ニュース

長寿命軸受の開発により自動車の省燃費化に貢献

NTN株式会社(以下、NTN)は、「超長寿命自動車用円すいころ軸受の開発」において一般社団法人 日本トライボロジー学会*1より「2020年度日本トライボロジー学会 技術賞」を受賞しました。本賞はトライボロジーに関する実用技術のうち、新商品・新技術の開発、既存商品・既存技術の性能向上などに関する業績のほか、独創性、新規性などが認められ、今後の社会貢献が期待できる技術を表彰する賞です。

  1. トライボロジーに関する学術および科学技術を振興する事業を行い、トライボロジーに関する理論の進歩および技術の向上に寄与することを目的とした学会
    参考:日本トライボロジー学会HP: https://www.tribology.jp/

受賞名

「2020年度日本トライボロジー学会 技術賞」

受賞者名

CAE開発研究所 所長 藤原 宏樹、先端技術研究所 主査 大木 力、

自動車軸受技術部 主査 川井 崇

受賞テーマ

「超長寿命自動車用円すいころ軸受の開発」

自動車の省燃費化を背景に、自動車のトランスミッションやデファレンシャルなどの動力伝達装置は小型・軽量化が進んでおり、それに伴って、軸受の使用環境は過酷さを増しています。NTNは、こうした使用条件下で、従来品を上回る世界最高水準の高速回転性能と高負荷容量を実現した「自動車用ULTAGE円すいころ軸受*2」を開発しました。

開発品はNTN独自のころ(転動体)形状により、軌道面の接触面圧を最小化させることにより、転動疲労寿命を向上させ、軸受寿命は当社従来品比で1.8倍、高負荷容量を表す基本動定格荷重は1.2倍以上を実現しています。

  1. 2017年4月28日プレスリリース:「自動車用ULTAGE円すいころ軸受」を開発
    https://www.ntn.co.jp/japan/news/new_products/news201700035.html

「自動車用ULTAGE円すいころ軸受」 「自動車用ULTAGE円すいころ軸受」

受賞理由

本商品により、自動車ユニットの小型化・軽量化に寄与することで、自動車の省燃費化に大きく貢献します。また、本開発で培った技術を産業機械向け軸受の開発などに適用することで、低炭素化社会の実現により一層貢献できることなどが評価され、このたび受賞となりました。

参考

お問い合わせ先

NTN株式会社
広報・IR部

TEL:06-6449-3579 FAX:06-6443-3226

お問い合わせフォーム

印刷する