HOME > ニュース > 広報ニュース:2021年 > 「NTN禁煙宣言」を発布

2021年

印刷する

「NTN禁煙宣言」を発布2021年4月1日広報ニュース

2023年度に従業員の喫煙率を20%以下に

NTN株式会社(以下、NTN)は、2021年4月1日付で「NTN禁煙宣言」を発布しましたのでお知らせします。

当社は2004年から喫煙に関する健康リスクから従業員を守る施策に取り組んできましたが、健康経営を推進する企業としてよりよい職場環境を目指して、このたび本宣言を発布しました。2023年度までに従業員の喫煙率を20%以下にすることを目標に、禁煙・卒煙に向けたさまざまな取り組みを推進してまいります。

【NTN禁煙宣言】

NTNグループは、すべての従業員一人ひとりが活き活きと働き、その能力を最大限に発揮できるよう、健康増進、疾病予防に向けた諸施策の推進や活力ある職場づくりを積極的に進めています。

その一環として、受動喫煙を含む喫煙の健康リスク低減に向けた取り組みを鋭意実行することを宣言します。

NTN株式会社

執行役常務

会社総括安全衛生管理者

白鳥 俊則

【目標】

2023年度までに従業員の喫煙率を20%以下にする。

【重点推進項目】

  1. ヘルスリテラシーの向上
    たばこに関するヘルスリテラシー(健康知識や情報活用)の向上を図り、禁煙意識の動機づけを行います。
  2. 喫煙者への禁煙アプローチ
    従業員の喫煙状況を把握し、禁煙への関心度に応じた働きかけ及び医療支援を積極的に行います。
  3. 受動喫煙の防止
    喫煙場所(屋内は完全禁煙)を削減し、受動喫煙防止及び喫煙しにくい環境づくりを推進します。

今後は、上記重点推進項目に則り、研修などを通じて、あらためて喫煙による健康リスクについて全従業員の理解を深めるとともに、スマートフォン・パソコンなどを用いてオンラインで受診できる禁煙外来の費用をNTN健康保険組合で一部補助するといった施策などを展開します。また、これらの施策に加えて、非喫煙者の従業員も本活動に参加できるようにし、一層従業員の健康づくりを支援するとともに、健康な社会づくりに寄与できるよう、取り組んでまいります。

禁煙に関する取り組み

2004年 本社・営業拠点の就業時間内禁煙を実施
(現在は国内全事業場で就業時間内禁煙を実施)
2008年 本社ビル敷地内全面禁煙を実施
NTN健康保険組合と協業で「禁煙チャレンジ制度*」を設立
2020年 NTNグループの国内全事業場の屋内喫煙場所を撤廃

* 産業保健スタッフによる面談指導や禁煙補助薬の提供(費用の一部をNTN健康保健組合が補助)などによる当社独自の禁煙支援制度です。禁煙成功者には2017年から導入している健康WEBサービス「kencom」にて独自ポイントである「なめらか健康ポイント」が付与されます。ポイントはamazonやnanacoの電子ギフトや、食品等の景品と交換が可能です。今後は非喫煙者でも禁煙活動に参加できるよう制度を見直し、禁煙挑戦者が卒煙する際に支援者にもポイントが付与される制度とする予定です。

禁煙チャレンジ制度を利用し、禁煙相談をする従業員 禁煙チャレンジ制度を利用し、禁煙相談をする従業員

お問い合わせ先

NTN株式会社
広報・IR部

TEL:06-6449-3579 FAX:06-6443-3226

お問い合わせフォーム

印刷する