HOME > 商品・技術情報 > 新商品ニュース:2021年 >  後輪用ステアリング機能付ハブベアリング「Ra-sHUB」を開発

2021

印刷する

新商品
後輪用ステアリング機能付ハブベアリングRa-sHUB(ラスハブ)を開発
2021年5月26日新商品ニュース

NTN株式会社(以下、NTN)は、前輪用ハブベアリングに転舵角度を調整する機構を組み合わせたステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」を、後輪用に改良した「Ra-sHUB」を開発しました。

ステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」は、世界No.1のシェアを誇る当社のハブベアリングの設計、製造技術とモータなどの制御技術を組み合わせ、左右各輪の転舵角度の個別補正が可能なモジュール商品です。2018年の開発発表*1後、車両の応答性の向上や燃費改善に貢献する商品として市場に提案を進めてきましたが、このたびこの技術を応用し、大きな転舵角度を持ち、あらゆる懸架装置に対応できる後輪転舵システムとして開発しました。

現在、市場にある後輪転舵システムは、適用することで、ホイールベースが長い大型車両においても最小回転半径を小さくするとともに、走行安定性を高め、安全な走行を可能にします。しかし、これらの既存の後輪操舵システムは大型な上、高級車に採用されるマルチリンク方式*2など一部の懸架装置のみに適用が限定されているほか、構造上大きな転舵角をとることが困難とされています。

NTNが今回開発した「Ra-sHUB」は小型で、後輪の懸架装置の種類を選ばず、従来のハブベアリングと同様にさまざまな車両への搭載が可能です。トーションビーム*3などのリンク機構が無い懸架装置で後輪転舵するためには、大掛かりな車両の設計変更が必要でしたが、「Ra-sHUB」は比較的容易に搭載でき、あらゆる懸架装置の車両において後輪転舵を実現します。

  1. 「ステアリング補助機能付ハブベアリング「sHUB」を開発:2018年5月21日プレスリリース
    https://www.ntn.co.jp/japan/news/new_products/news201800050.html
  2. 独立懸架式サスペンションのひとつ。複数のリンクで車輪を支え、挙動を制御する
  3. 左右のトレーリングアームをコイルサスペンションで懸架し、左右のアームを鋼管でつなぐシンプルな構造の懸架方式

<Ra-sHUBの特長>

(1) 後輪の角度を左右独立して制御
(2) あらゆる懸架装置に搭載可能
(3) コンパクトな構造
(4) 高剛性、高応答性
(5) 大きな転舵角(±10°)

「Ra-sHUB」は、これらの特長を生かし、車両の情報をもとにタイヤの転舵角度を左右別々に制御することで、車両のコーナリング性能や高速直進時の安定性の向上に貢献します。また、タイヤの走行抵抗を抑えることで、燃費改善にも貢献します。

今後、自動運転技術の開発や普及が進めば、車両運動制御はさらなる高精度化が必要とされるほか、より高い安全性を求めて後輪転舵へのニーズや後輪転舵角度の拡大が見込まれます。

NTNは、本開発品を、危険回避時の安全な走行や、通常走行時の乗り心地の改善に寄与する商品として、各自動車メーカへ提案を進め、自動車の安全性や運転の楽しさの向上に貢献してまいります。

なお、本開発品は5月26日~7月30日に開催される「人とクルマのテクノロジー展2021 オンライン」に出展します。

商品写真

「Ra-sHUB」 「Ra-sHUB」

車両搭載イメージ 車両搭載イメージ

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

印刷する