HOME > 商品・技術情報 > 新商品ニュース:2020年 >  特殊熱処理技術により、長寿命化を実現した「ETFA軸受」を開発

2020

印刷する

新商品
特殊熱処理技術により、長寿命化を実現した「ETFA軸受」を開発
2020年10月8日新商品ニュース

建設機械・鉱山機械向け:異物混入潤滑下で標準品比6倍以上の長寿命化を実現

NTN株式会社(以下、NTN)は、建設機械や鉱山機械など過酷な使用環境での用途向けに、特殊熱処理技術により耐異物性を強化し、異物混入潤滑条件下で当社標準品と比べて6倍以上の長寿命化を実現した円すいころ軸受「ETFA軸受」*1を開発しました。

建設機械や鉱山機械などは、運転時に強い衝撃や振動が発生すると同時に、軸受の内部に異物が混入するような過酷な環境で使用されます。NTNでは、これまでこうした厳しい使用環境の建設機械や鉱山機械向けに、浸炭鋼を用いた円すいころ軸受の標準品「4Top」シリーズのほか、材料の変更や熱処理加工により長寿命化を図った「ETA軸受」*2を展開してきました。しかし近年は、建設機械はIoT化に伴い、無人稼働機の信頼性向上やライフサイクルコストの削減が求められており、使用される軸受についてもさらなる長寿命化や装置のコンパクト化を図るための小型化・高負荷容量化が必要とされています。

このたび開発した「ETFA軸受」は、浸炭鋼に新たな熱処理(ETFA処理)を施すことで、異物混入潤滑条件下で、標準品と比べ6倍以上、ETA軸受と比べても2倍以上の寿命を持つことを確認しています。また、清浄油条件下においても、基本定格寿命に対して十分長寿命であることを確認しています*3。適用したETFA処理は、NTNが開発した軸受鋼の特殊熱処理(FA処理*4)技術を浸炭鋼に応用したもので、熱処理条件とその管理を改善・強化することで、ETA軸受と同様に、適度に炭化物と残留オーステナイトを分散させた組織としつつ、旧オーステナイト結晶粒を一層微細化し、長寿命と高いロバスト性(耐異物性)を両立しています。長寿命化により、より小さいサイズで軸受寿命を維持できるため、装置のコンパクト化にも貢献します。

NTNは、本開発品をグローバルに提案・販売し、建設機械・鉱山機械などのさらなる信頼性向上とライフサイクルコストの削減に貢献してまいります。

  1. ETFA:ET材(NTNオリジナル鋼)+FA処理
  2. 長寿命ASシリーズTAB・ETA軸受 カタログ:
    https://www.ntn.co.jp/japan/products/catalog/ja/3025/index.html
  3. 基本定格寿命243時間に対して、10,000時間で未破損、試験打切り(一例)
  4. FA(Fine Austenite Strengthening)処理:NTNが世界で初めて軸受鋼の旧オーステナイト結晶粒を従来の1/2以下(平均粒径で5µm以下)にまで微細化した特殊熱処理方法。浸炭浸窒された組織を低温で2次焼入れすることにより、軸受を長寿命化する技術。

特長

長寿命化:
異物混入潤滑条件下での寿命
標準品(4Topシリーズ)比6倍以上
ETA軸受品比2倍以上

用途

建設・鉱山機械などの一般産業機械全般

お問い合わせ先

産業機械事業本部 事業戦略部  TEL:0594-24-2478

お問い合わせフォーム

商品写真

商品写真 主要寸法例 :φ30×φ62×17.25mm(各サイズに対応可能)

商品ラインアップ

商品ラインアップ 特殊熱処理等による軸受の長寿命化

印刷する