HOME > ニュース > イベントニュース:2022年 > リニア・鉄道館の技術展示でベアリングを紹介

2022年

印刷する

リニア・鉄道館の技術展示でベアリングを紹介2022年6月9日イベント

技術展示「ベアリングの“わざ” ~国産ベアリングの進化と役割~」

会期 2022年6月22日(水)~2023年6月12日(月)
開催場所 リニア・鉄道館
(名古屋市港区金城ふ頭3-2-2)
1階 車両展示エリア

体験イベント「ベアリングのしくみを知ろう!」

会期 「NTN回る学校」開催日:8月8日(月)、11日(木)
11:00~、13:00~
開催場所 リニア・鉄道館 1階講座室
所要時間 約30分
参加方法 総合案内にて受付(先着順:各回10組程度)
参加料金 無料(別途入館料が必要)
技術展示「ベアリングの“わざ” ~国産ベアリングの進化と役割~」

(提供:東海旅客鉄道株式会社)

NTN株式会社(以下、NTN)は、リニア・鉄道館(名古屋市港区)で開催される技術展示「ベアリングの“わざ” ~国産ベアリングの進化と役割~」(期間:2022年6月22日(水)~2023年6月12日(月))において、ベアリング(軸受)に関する展示を行います。また、8月には同館にて親子で楽しみながらベアリングについて学んでいただけるワークショップ「NTN回る学校」も開催いたします。

リニア・鉄道館は、東海旅客鉄道株式会社(JR東海)が運営するミュージアムで、東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでさまざまな鉄道車両の模型やシミュレーターなどが展示されています。子どもから大人まですべての世代が楽しみながら、鉄道が社会にもたらす影響や鉄道が果たす役割などをさまざまな切り口で学ぶことができます。

リニア・鉄道館では、館内の一部に技術展示コーナーを設けており、毎年テーマを変えて新幹線に関わる各種技術や製品を紹介しています。今年度は、ベアリングの仕組みやその歴史、わたしたちの生活との関わりなどについて、写真やサンプルを用いて展示します。本展示において、NTNは東海道新幹線「N700S新幹線電車」をはじめ、自動車や建設機械、ロケット、人工衛星、風力発電装置、家電製品などに使用されるベアリングを展示するほか、ベアリングに直接触れられる体験展示コーナーもご用意しています。

さらに、2022年8月8日(月)、10日(水)、11日(木)、12日(金)には、親子で楽しめる体験イベントとして「ベアリングのしくみを知ろう!」が開催されます。NTNは、同期間内の8月8日(月)、11日(木)に、「NTN回る学校」と題したワークショップを開催します。ベアリングの組み立て体験など、楽しく学んでいただけるプログラムを多数ご用意し、皆さまのご来場をお待ちしております。

イベントは、予告なく内容変更、中止となる場合があります。

最新情報は、リニア・鉄道館オフィシャルサイトにてご確認ください。

ご参考:「NTN回る学校」について

NTNの鉄道車両向け事業について

NTNは、鉄道車両の車輪の回転を支える車軸、車輪を回転させる動力を生む主電動機、主電動機から車軸へ伝達トルクを増大させる駆動装置に高品質な軸受を供給しています。

車軸においては高い耐久性や信頼性、主電動機では電食の防止、駆動装置では低騒音性など各使用環境のニーズに対応する高機能な商品を提供し、世界中の鉄道車両の走行を支えています。

東海道新幹線向けには、1964年の開業当初の0系以後、最新車両N700Sまで歴代の新幹線車両すべてに高品質で信頼性の高い軸受を供給し、東海道新幹線が世界に誇る高い安全性、安定性を支えるとともに、高速化や快適性の向上に貢献しています。

N700S新幹線電車(提供:東海旅客鉄道株式会社) N700S新幹線電車(提供:東海旅客鉄道株式会社)

新幹線に使用されるベアリング(提供:東海旅客鉄道株式会社)

新幹線に使用されるベアリング(提供:東海旅客鉄道株式会社)

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

印刷する