HOME > CSR > ガバナンス:CSRマネジメント

CSRマネジメント

基本的な考え方と推進体制

当社は、企業理念に基づき、CSRを「企業活動に環境保全への配慮や社会的公正・貢献などへの取り組みを盛り込み、ステークホルダーに対し説明責任を果たすと同時に、経済的のみならず、環境的・社会的な企業活動の向上を目指すこと」と定義し、CSR基本方針を制定しています。また、グループ全体で企業の社会的責任を果たすための体制強化として、「CSR(社会的責任)推進本部」を2014年より設けています。2018年5月に推進本部内の部署を再編成し、リスクマネジメントを担当するグローバルリスク管理部、コンプライアンスを担当する法務部、独占禁止法遵守を担当する公正取引推進部、企業価値向上に資する活動を担当するコーポレートバリュー推進部の4部署体制としました。国内外にCSR担当者を任命し、各地区の実情や特性を踏まえた活動を企画・実施しています。

企業理念の浸透活動

当社グループ全従業員の企業理念行動指針「NTNスピリット」

企業理念の浸透を図るために、2018年4月に企業理念行動指針「NTNスピリット」を制定しました。「NTNスピリット」は、従業員一人ひとりに目指して欲しい意識や行動を明文化したものです。
「NTNスピリット」は唱和するためだけの言葉ではなく、当社グループ全従業員が実践するための共通言語です。「認知」、「共感・理解」、「実践」の3つのステップを設け、実践へつながる施策を推進しています。

企業理念体系

「認知」、「共感・理解」、「実践」の3つのステップを設けます。「認知」を土台に、「共感・理解」と「実践」を継続的に繰り返していきます。

認知

「NTNスピリットブック」の発行

企業理念体系およびその行動指針となる「NTNスピリット」を当社グループで働く全従業員に知ってもらうために、「NTNスピリットブック」を発行しました。この冊子は、「なめらかな社会」をつくっていくために、従業員一人ひとりが夢や目標を持って企業理念を実践していくことを促しています。またポスターも発行し各事業所での啓発も推進しています。

NTNスピリットブック

NTNスピリットブックは、「世界がもし100人の村だったら」などのイラストを手掛けられた山内マスミ先生に描いていただきました。
なめらかな世界で暮らす人々の風景を絵本風に表現。当社の取り組みと幸せな暮らしのイメージを通して、当社で働くことの自覚や誇り、共感の醸成につなげていくことを、冊子に込めています。

NTNスピリットブック

感・理解

「企業理念について考える会」の実施

企業理念体系と「NTNスピリット」を共感・理解してもらい、「自分ゴト化(自分の業務にあてはめて考える)」し、自職場で浸透してもらうことを目的に、2017年より「企業理念について考える会」を実施しています。「NTNスピリット」制定以降は役員向け(2018年8月)と海外幹部向け(2018年10月)に実施し、国内部門長向け(2018年11月~2019年3月)も各事業所で実施しました。

役員向け「企業理念について考える会」

部門長向け「企業理念について考える会」

実践

「NTN PROUD AWARD」の開催

「NTN PROUD AWARD」は当社グループ全従業員の“変革への挑戦”を促すことを目的に開催しています。企業理念の基本的価値観に則して4つの部門(創造部門、サービス・ソリューション部門、社会貢献部門、グローバル部門)が設けられ、参加者は日々の業務と企業理念を結び付けたテーマと目標を設定し、実現に向けてチャレンジします。そしてそれらの活動のプロセスや成果を「NTNスピリット」の3つの信条である「挑戦」「協働」「約束」で評価します。2018年は世界中から164チーム、1,711名の従業員が参加し、目標の実現に向けた活動を通じて企業理念を実践しました。2019年も「企業理念の実践の場」として「NTN PROUD AWARD 2」を実施し、各チームが鋭意活動中です。

「NTN PROUD AWARD」のオープニング

「NTN PROUD AWARD」に参加した従業員