HOME > CSR > 環境:環境基本方針

環境基本方針SDGsとの関係

当社グループは、社会の持続的発展に貢献するため、「NTN環境基本方針」を策定しています。また、環境保全や省エネ・省資源を推進する環境管理体制を構築しています。

NTN環境基本方針

当社グループは、地球環境との共生を最重要課題とし、事業活動において環境汚染の予防および自然資本の保全を図るとともに、当社技術が社会の持続的発展に貢献できるよう不断の努力を行います。

  1. 自社技術による地球温暖化防止への貢献
    世界の省エネや創エネに寄与する新技術・新商品の開発および提供を通じて、地球温暖化防止に貢献します。
  2. 法令などの遵守
    環境法令や条例を遵守し、地域や顧客など利害関係者からの要請にも積極的に対応します。
  3. 事業活動における環境負荷低減
    NTNグループのあらゆる事業活動において、CO2や規制物質の排出などの有害な環境影響を最少化するとともに、サプライチェーンの上下流(調達先~顧客)における環境負荷の把握および低減に努めます。
  4. 持続可能な資源の利用
    リデュース(発生抑制)、リユース(再使用)、リサイクル(再生利用)を徹底し、原材料や水などの投入資源および廃棄物の削減に取り組みます。
  5. 環境負荷物質の管理徹底
    グリーン調達を推進し、製品および製造工程で用いる環境負荷物質の管理を徹底するとともに、有害性が高い物質については、積極的に代替物質へ転換します。
  6. 生物多様性保全への取り組み
    地域社会と連携して、積極的に森林保全などの環境保護活動を推進し、生物多様性の保全に取り組みます。
  7. コミュニケーションの推進
    NTNグループで働く全員に本方針を周知し環境意識の向上を図るとともに、環境への取り組みを広く情報発信し、積極的に社会とのコミュニケーションを推進します。
  8. 環境マネジメントシステムの継続的改善
    環境パフォーマンス向上のため、環境マネジメントシステムを運用し継続的に改善します。