HOME > CSR > 環境:事業活動と環境負荷

事業活動と環境負荷

国内の生産活動に伴う環境負荷(2019年3月期)

マテリアルフロー図(対象:国内生産拠点)

図:国内の生産活動に伴う環境負荷(2018年3月期)

*1 

PRTR対象物質

特定化学物質の環境への排出量の把握などおよび管理の改善の促進に関する法律

*2 

マテリアルリサイクル

原材料としてリサイクル

*3 

サーマルリサイクル

燃料としてリサイクル

*4 

産業廃棄物のみ対象

環境会計

国内グループは、環境保全に効率的に取り組むため、環境省のガイドラインに基づく分類にて、投資・開発コストと効果の定量化を行っています。2019年3月期の環境保全コストは、エコ商品の研究開発を含み約55億円であり、環境保全対策に伴う経済効果は約10億円でした。

環境保全コスト

(百万円/年)

分類 設備投資額 費用 総合計
金額 主な内容 金額 主な内容








公害防止コスト 22 環境設備(集塵機など) 237 環境施設(集塵機、排水処理施設)の保守・点検・維持管理など  
地球環境保全コスト 206 省エネ設備(コンプレッサ用インバータ、LED照明、高効率空調機器など) 444 省エネ設備設置・保守・点検・維持管理など
資源循環コスト 1 節水、雨水利用設備 648 廃棄物リサイクル・
減量化対策、
一般・産廃の処理費用
上下流コスト 0 34 グリーン調達にかかわる分析
管理活動コスト 0 392 環境マネジメントシステム(EMS)にかかる
人件費
情報開示(広告、NTNレポート)場内の緑化・美化
研究開発コスト 2,150 試験機購入費、試作費用など 1,397 エコ商品(軸受、CVJ、電動モジュールなど)の研究開発
社会活動コスト 0 5 社外の緑化・美化
環境損傷対応コスト 0 5 土壌調査・対策費用
合計 2,379 3,162 5,541
(参考)
2018年3月期合計
3,369   3,150   6,519

環境保全対策に伴う経済効果

(百万円/年)

項目 金額 主な内容
地球環境保全コスト・効果 85 空調・コンプレッサ・照明の省エネ効果など
資源循環コスト・効果 897 金属スラッジ
などの有価物
売却益
その他 1 社会貢献活動など
合計 983  
(参考)
2018年3月期合計
844  

環境保全効果

指標 2018年3月期 2019年3月期
CO2総排出量 28.6万トン 28.9万トン
廃棄物の削減 リサイクル率 99.9% リサイクル率 98.6%