HOME > 商品・技術情報 > 軸受の取扱い&アフターケア:ベアリングの取扱い > 取付け前の準備

取付け前の準備

軸、ハウジングのはめあい面

ばり、打きず(盛り上がりのあるきず)、さび、汚れを取り除き、更に、オイル(例えばスピンドル油)などを塗布すれば、一段と挿入しやすくなります。

図:軸、ハウジングのはめあい面

作業手順の例

図:作業手順の例

軸及びハウジングのばり・ごみ・異物などを噛み込んで取付けた場合ベアリングは正しく機能せず、運転時の振動、騒音などの発生原因になります。

図:作業手順の例

取付け用治工具

プレスラム、当て金などの取付け治具は、ベアリングに適合したサイズを使用し、ばり、汚れを取り除き、きれいにする。

ベアリングは取付ける直前に解包すること

防せい剤の除去

油潤滑で用いるとき、又はグリース潤滑でもグリースが防せい剤と混合することによって潤滑機能を損なう場合には、防せい剤を清浄な洗浄油で除去し、油を乾燥又は十分にふき取ってから取り付ける。両シールド及びシール形軸受は洗浄してはならない。

ベアリングの追加工

ベアリングは非常に高度な設計技術と、厳しい工程管理のもとに製作します。いかなる理由があっても、追加工をしてはなりません。