HOME > 商品・技術情報 > 複合材料商品:開発体制と生産拠点

複合材料商品

軽量、コンパクト、低摩擦、低摩耗、特殊環境での使用が可能!
さまざまな素材を高度な技術で成形加工し、最適な商品を提案しています。

NTNグループは、樹脂、焼結金属、磁性材などの幅広い材料や、流体動圧技術をはじめとする高度な技術を使い、すべり軸受や電機・機械部品、それらを組み合わせたユニット・モジュール商品を開発し、複合材料商品として販売しています。

さらに、樹脂、焼結金属、磁性材などの材料や流体動圧技術を単独で使用するだけでなく、トライボロジーや精密加工技術を応用し、融合させ、複合化することで、新たな特性を持つ商品を創造し、市場のニーズに対応しています。

複合材料商品は、オーダーメードでも対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

すべり軸受のカタログはこちら

お問い合わせ:複合材料商品事業部 営業技術部/東京 03-6713-3630 名古屋 0567-40-5932 大阪 06-6449-6719

メールでのお問い合わせはこちら

  • 商品の特長
  • 産業分野別商品群
  • 開発体制と生産拠点

グループ力を結集し、
グローバルに高水準な開発・生産体制を整えています。

NTNでは、樹脂製品や焼結金属製品などの材料技術の連携を強めるため、2011年に「複合材料商品事業部」を新設しました。NTN精密樹脂(株)とNTNアドバンストマテリアルズ(株)が保有する技術と、NTNの精密加工技術や流体動圧技術を結集、融合させてシナジー効果を創出し、自動車や産業機械分野で使用されるすべり軸受、機械部品、磁性製品、ユニット・モジュール製品の研究開発、市場展開を加速させています。

また、グローバルな生産体制を構築しており、日本国内だけでなく、NTN MANUFACTURING (THAILAND)CO., LTD.の複合材料商品工場でも高精度な商品を生産しています。

2015年12月、NTN特殊合金(株)と日本科学冶金(株)が新商品の開発力の強化や開発スピードアップなどを目的に合併し社名を変更。

NTNの研究開発体制