HOME > 商品・技術情報 > 軸受の取扱い&アフターケア:ベアリングの健康管理

ベアリングの健康管理

軸受(ベアリング)は本来の転がり疲労寿命以外に、早期に損傷することがあります。これらはその取扱い、保守管理に適正を欠いた場合に多く発生しています。

早期損傷などの「事故」の予防と、もし「事故」が発生した場合、その原因の究明と適切な対策処置を取るために、以下の情報をご活用ください。

軸受の保守・管理の一般的な方法

機械の運転状態での点検

軸受の温度、音、振動の点検と、潤滑剤の性状調査から潤滑剤の補給や交換時期を判断します。

使用後の軸受の観察

使用後及び定期点検時の軸受に現れた現象をよく観察しておくと、損傷が発見された場合の再発防止策に役立ちます。

装置及び機械の重要性に応じて、これらの点検項目や定期点検の期間を決めて実施することが保守管理の面から有効です。