HOME > 商品・技術情報 > 軸受の取扱い&アフターケア:ベアリングの健康管理 > 使用後の軸受の観察 > さび、腐食

さび、腐食

さび、腐食の原因と主な対策

現象 主な原因 主な対策
  • 軌道輪、転動体の表面にさび、腐食が発生。
  • 転動体ピッチ状にさびることがある。
  • 水分、腐食性物質(酸など)が混入。
  • 空気中の水分の結露。
  • 包装、保管状態の不適、素手での取扱い。
  1. 密封性能の強化
  2. 潤滑油の定期的検査
  3. 軸受取扱いの注意
  4. 長期運転休止時の防せい対策

写真:円すいころ軸受の内輪

  • 円すいころ軸受の内輪
  • 軌道面にころピッチでさびが生じている。潤滑剤中の水分などによるもの

写真:円すいころ軸受の外輪

  • 円すいころ軸受の外輪
  • 軌道面にころピッチでさびが生じている。潤滑剤の中の水分などによるもの、腐食している箇所もある

写真:自動調心ころ軸受のころ

  • 自動調心ころ軸受のころ
  • 軌道面に生じたさび、腐食も認められる
  • 水の浸入が原因

写真:自動調心ころ軸受の内輪(スプリット形)

  • 自動調心ころ軸受の内輪(スプリット形)
  • 軌道面にさび及び腐食が生じている
  • 水の浸入が原因