HOME > 商品・技術情報 > 軸受の取扱い&アフターケア:ベアリングの健康管理 > 使用後の軸受の観察 > 保持器破損

保持器破損

保持器破損の原因と主な対策

現象 主な原因 主な対策
  • 保持器切れ。
  • ポケット部や案内部の摩耗。
  • リベットの緩みか又は破断する。
  • 過大なモーメント荷重。
  • 高速回転又は大きな回転変動。
  • 潤滑不良。
  • 異物のかみ込み。
  • 振動が大きい。
  • 取付け不良(傾いた状態での取付け)。
  • 異常温度上昇(特に樹脂製保持器)。
  1. 荷重条件の見直し
  2. 潤滑剤及び潤滑法の見直し
  3. 保持器選定の見直し
  4. 取扱いの改善
  5. 軸及びハウジング剛性の検討

写真:アンギュラ玉軸受の保持器

  • アンギュラ玉軸受の保持器
  • 高力黄銅鋳物製もみ抜き保持器の破損
  • 潤滑不良が原因

写真:自動調心ころ軸受の保持器

  • 自動調心ころ軸受の保持器
  • 鋼鈑打抜き保持器のポケット柱部の折損

写真:円すいころ軸受の保持器

  • 円すいころ軸受の保持器
  • 鋼板打抜き保持器のポケット部の破損

写真:円筒ころ軸受の保持器

  • 円筒ころ軸受の保持器
  • 高力黄銅鋳物製もみ抜き保持器のポケット柱部の折損