HOME > 商品・技術情報 > 軸受の取扱い&アフターケア:ベアリングの健康管理 > 使用後の軸受の観察 > なし地、変色

なし地、変色

なし地、変色の原因と主な対策

現象 主な原因 主な対策

なし地

  • 軌道面の光沢が消え、なし地状に荒れている。
  • 微小な圧こんの集合。

変色

  • 表面が変色する。
  • 異物の浸入。
  • 潤滑不良。
  • 発熱によるテンパカラー。
  • 油焼け(劣化した油が表面に固着する)。

なし地

  1. 密封装置の見直し
  2. フィルタによる油のろ過
  3. 潤滑剤、潤滑方法の改善

変色

  1. しゅう酸でふいて取れるものは油焼け
  2. サンドペーパでこすっても凹凸の残るものはさび、腐食。きれいに取れれば発熱によるテンパカラー

写真:複列円すいころ軸受の内輪(RCT軸受)

  • 複列円すいころ軸受の内輪(RCT軸受)
  • 軌道面になし地状荒れが生じている
  • 電食が原因

写真:深溝玉軸受の玉

  • 深溝玉軸受の玉
  • 全面になし地状の荒れが大きい
  • 異物のかみ込み及び潤滑不良が原因

写真:自動調心ころ軸受の外輪

  • 自動調心ころ軸受の外輪
  • 軌道面の一部に生じた変色
  • 油焼けが原因

写真:自動調心ころ軸受

  • 自動調心ころ軸受
  • 内輪、外輪の軌道面の変色
  • 潤滑剤の劣化が原因