NTN

おしえて!!ベアベア よみがな付き記事ダウンロード 2010年7月30日掲載
第34回

いろんな種類の「ベアリング」(5)
〜すべり軸受〜

すべり軸受・転がり軸受

今までタマやコロといった転動体のある「転がり軸受」について勉強してきたね。今度は転動体のない「すべり軸受」を見てみよう。

「転がり軸受」は転動体が転がって回転するけど、「すべり軸受」は内側がツルツルになっていて、軸がこの中ですべって回転する仕組みなんだ。

また「転がり軸受」が鋼でできているのに対し、「すべり軸受」は鉄の粉を焼き固めたり、特殊な樹脂でできている。鉄の粉を焼き固めたあと油をしみ込ませたり、フライパンの表面に使われる「フッ素」を混ぜた樹脂を使ってすべりを良くしているんだ。

NTNぼーや

転動体がない分、まさつの小ささや強度は「転がり軸受」にはおよばない。だけどその分、軸の周りの断面を小さくすることができる。この特長を活かして携帯電話や音楽プレーヤーなど、コンパクトな機械の中で活躍しているんだよ。

ページの先頭へプリント
前回の記事次回の記事
バックナンバーへ戻る