HOME > ニュース > 広報ニュース:2018年 > 中国FSAT社と戦略的パートナーとして調印

2018年

印刷する

中国FSAT社と戦略的パートナーとして調印2018年5月7日広報ニュース

NTN株式会社(以下、NTN)は、インホイールモータ駆動システム(以下、IWM駆動システム)と車両運動制御技術(i2-Drive System)を搭載した新エネ車の開発・量産に向けた技術支援を行うため、中国自動車設計・製造メーカ「長春富晟汽車創新技術有限公司」(以下、FSAT社)とライセンス契約を締結しました*。4月27日、中国の北京中航悦酒店においてFSAT社、ならびに戦略的パートナー企業が出席した調印式に出席し、調印しました。

調印式では、当社とFSAT社の双方の代表者、ならびにFSAT社と戦略的パートナー10社が調印しました。FSAT社の劉蕴博総経理からは「開発を進めてきた車は、軽量化や電動駆動技術などにおいて、先進的なレベルに達することができた」と新エネ車の量産化に向けた意気込みが語られました。また、当社代表取締役社長の大久保は「長年切望していた世界で初めてのインホイールモータを搭載した電気自動車の量産化が実現します」と今回の戦略的パートナーとしての調印への思いを語りました。

その後、FSAT社の劉蕴博総経理と、当社取締役でEVモジュール事業部長の梅本が調印を行いました。

NTNが開発したIWM駆動システムと車両運動制御技術「i2-Drive System」を搭載した新エネ車は、FSAT社によって2019年の量産化を予定しています。NTNは、独自技術の開発を通じて、自動車の安全性や快適性の向上とともに、低炭素社会の実現に貢献してまいります。

* 「中国FSAT社とインホイールモータ駆動システムに関する技術ライセンス契約を締結」
2018年4月19日プレスリリース
http://www.ntn.co.jp/japan/news/press/news201800034.html

当社代表取締役社長・大久保の挨拶 当社代表取締役社長・大久保の挨拶

調印を終え、握手を交わすFSAT社総経理・劉蕴博氏(左)と、当社取締役・梅本(右) 調印を終え、握手を交わす
FSAT社総経理・劉蕴博氏(左)と、
当社取締役・梅本(右)

ご参考

【軽量化新エネ車仕様について】

軽量化新エネ車 軽量化新エネ車

主要諸元
全長×全幅×全高(mm) 4600×1800×1500
ホイールベース(mm) 2630
トレッド(mm) 1556/1506
車体形式 5ドア5座席3ボックス乗用車
整備重量(kg) 1300
駆動モータ インホイールモータ(2基、前輪駆動)
インホイールモータ最高出力(kW) 35×2
インホイールモータ最大トルク(N·m) 704×2
駆動用バッテリー 三元リチウム電池
電池エネルギー(kWh) 50
電池エネルギー密度(Wh/kg) 160
0~100km加速(s) 10
最高車速(km/h) 150
消費電力(kWh/100km) 11
航続距離(km) 450
懸架 マクファーソン式/トーションビーム式
ステアリング EPS(電動アシスト転舵)
制動 EPB(坂道補助、自動パーキング)
タイヤ 205/55 R17
アクティブセーフティ ESC、DYC
パッシブセーフティ 6安全エアバッグ/プリクラッシュシートベルト

【マクファーソン・ストラットとIWM駆動システム】

マクファーソン・ストラットとIWM駆動システム

【IWM駆動システム構成】

IWM駆動システム構成

お問い合わせ先

NTN株式会社
広報・IR部

TEL:06-6449-3579 FAX:06-6443-3226

お問い合わせフォーム

印刷する