HOME > ニュース > 広報ニュース:2017年 > 創業100周年のビジョンを発表

2017年

印刷する

創業100周年のビジョンを発表2017年3月9日広報ニュース

NTNは、「なめらかさ」をもたらす技術によって、

〜なめらかな社会の実現に貢献します〜

ベアリングで磨いてきたその技術は、これからの電気自動車やロボット、

自然エネルギー社会までも、なめらかに変えていきます

NTN株式会社(以下、NTN)は、来年3月1日に迎える創業100周年に向け、3月8日、本社(大阪市)にて記者発表会を開催し、お集まりいただいたメディアの皆様に、代表取締役社長の大久保博司、常務取締役の大橋啓二が、創業100周年におけるビジョンおよび周年事業の概要について発表しました。

代表取締役社長 大久保博司(左)、常務取締役 大橋啓二(右)

代表取締役社長 大久保博司(左)、常務取締役 大橋啓二(右)

創業100周年におけるビジョンを説明

創業100周年におけるビジョンを説明

創業100周年を契機に、これまでの多くのご愛顧とご支援に感謝するとともに、次の100年を見据えて、当社の技術基盤である“トライボロジー”*のさらなる追求を続け、新事業にも領域を拡げて、持続可能な社会の実現、あらゆるステークホルダーに貢献できる企業への変革を進め、「なめらかな社会」「なめらかな世界」「なめらかな暮らし」の実現に貢献してまいります。

* “トライボロジー”とは潤滑、摩擦、摩耗、焼付き、軸受設計を含めた「相対運動しながら互いに影響を及ぼしあう二つの表面の間におこるすべての現象を対象とする科学と技術」です。トライボロジーの科学と技術から、機械や部品の低摩擦、低摩耗、表面損傷の低減を実現し、私たちの社会の省エネルギーおよび省資源に貢献しています。(一般社団法人 日本トライボロジー学会 ホームページより)

創業100周年のビジョン

〜NTNが目指す、なめらかな社会への貢献〜

機械のあらゆる回転部位をなめらかにするベアリング技術。より精密なベアリング技術があれば、軸はよりなめらかに回転し、エネルギーロスは限りなく少なくなります。つまりベアリングは、省エネルギーのための技術です。NTNは、創業100周年。ベアリングで磨いてきたその技術は、これからの電気自動車やロボット、自然エネルギー社会までも、なめらかに変えていきます。

創業100周年事業のコンセプト

NTNは、「これからの100年の社会のためにNTNが出来ること」を考え、次の100年に向けて邁進してまいります。

NTNが続けていくこと: 「なめらかさ」を実現するトライボロジー技術の追求

NTNは、摩擦低減による省エネルギーと安全を実現する“トライボロジー技術”をさらに追求し続けます。

NTNがはじめること: 「なめらかに回りつづける循環型社会」への貢献

NTNは、ベアリングで培ったトライボロジー技術をコアに、さらに貢献領域を拡大します。

<新領域>自然エネルギー事業、EV事業、ロボット関連事業、サービス・ソリューション事業

NTNが目指す社会: 「なめらかな社会」の実現

1.“トライボロジー技術”を核に、地球環境保全分野と新エネルギー分野の将来技術を創造

2.独創的な技術で、世界中の産業を支え、人々の暮らしの安全・安心、省エネルギーに貢献

3.サステナブルな社会(持続可能な社会)の構築に貢献

創業100周年メッセージ(コミュニケーション)

NTNは、「なめらかさ」をもたらす技術によって、「なめらかな社会」「なめらかな世界」「なめらかな暮らし」の実現に貢献してまいります。

コミュニケーションワード: 「世界をなめらかにする仕事。」

「世界をなめらかにする仕事。」

キャッチコピー: 「なんて なめらか」

キャッチコピー: 「なんて なめらか」

NTNの頭文字と結び付けています。
「な(N)んて(T)な(N)めらか」

創業100周年ロゴ

創業100周年ロゴ

回転する動きがなめらかに精緻に組み合わさったトライボロジーのイメージとともに、次の時代へなめらかに回転し続ける持続性と、将来への成長を表現しています。

創業100周年事業

2017年5月に実施される国内最大規模の自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」へ協賛いたします。また、同大会を通して、開催各会場において「NTN回る学校」を実施し、地域と子どもたちへ持続可能な社会のための省エネルギーやベアリングについて楽しく学んでいただける場を提供いたします。そのほかにも、自然エネルギー商品の地域社会への提供や従業員による貢献活動など、「地域社会との共生」に向けた活動を展開してまいります。

また、社内従業員向けにもさまざまな施策を実施する予定です。

お問い合わせ先

NTN株式会社
広報・IR部

TEL:06-6449-3579 FAX:06-6443-3226

お問い合わせフォーム

印刷する