HOME > ニュース > 広報ニュース:2016年 > 自然エネルギーの循環型モデル「グリーンパワーパーク」を設立

2016年

印刷する

自然エネルギーの循環型モデル「グリーンパワーパーク」を設立2016年4月12日広報ニュース

風力、水力、太陽光による電力を蓄電、消費する低炭素化社会のモデルとして提案

NTN株式会社(以下、NTN)は、このたび、三重県桑名市に位置する先端技術研究所の敷地内に、風力、水力、太陽光を活用して発電したエネルギーを電気自動車(EV)や野菜工場などへ循環させるエネルギー循環型モデル「グリーンパワーパーク」を設立いたしました。

NTNは、2015年4月から中期経営計画「NTN 100」をスタートし、2018年3月に迎える創業100周年と、次の100年の持続的成長に向けた諸施策を推進しています。経営資源を重点分野へ集中する「攻める経営」では、自然エネルギー事業を重点施策のひとつと位置づけ、高効率な翼と独自技術を活用した小形風力発電装置や小水力発電装置の開発に取り組んでいます。

今回、パーク内には、NTNが開発した垂直軸風車を3基、小水力発電装置を1基、風力と太陽光のハイブリッド街路灯を3基、新たに設置し、自然エネルギー関連装置*の実証実験を行います。

垂直軸風車は、どの方向から吹く低速の風でも回り始め、風速2m/秒で発電を開始するほか、ほとんど騒音を出しません。小水力発電装置は、農業用の水路や下水道など、小さな水流がある場所で使用可能で、特殊な形状のプロペラの羽根が効率的に水をとらえる構造となっています。

これらの装置により発電した電力は、低炭素化社会を実現する具体的な事例として、EVの充電や野菜工場の夜間照明などに活用します。各装置の発電量や、蓄電、消費の状況は、コントロール室で常時モニタリングすることで最適に制御し、CO2を排出しないクリーンな自然エネルギーを効率的に循環させます。

4月9日に開催した開所式では、桑名市の伊藤市長をはじめ来賓の方々とともにテープカットを行いました。伊藤市長からは「ジュニア・サミットで子どもたちに循環型社会の仕組みを知り、議論を重ねてもらうことを期待しています。またサミット後も本施設を環境学習の場として地元の子どもたちに提供していただければと思います」とお言葉をいただきました。

本施設は、「伊勢志摩サミット」の関連行事として、桑名市を主会場に開催される「2016年ジュニア・サミット in 三重」の視察先に選ばれています。環境と持続可能な社会について討議するG7各国の中高生に見学いただくほか、「ジュニア・サミット」開催後は、近隣の小中高生にも公開し、省エネルギーなどの教育に役立てていただく予定です。

* 「自然エネルギー関連装置の事業化」プレスリリース
http://www.ntn.co.jp/japan/news/press/news201500016.html

開所式で行われたテープカット

開所式で行われたテープカット

発電エネルギーを活用したEVの試乗会

発電エネルギーを活用したEVの試乗会

ご参考

先端技術研究所について

先端技術研究所は、桑名ビジネスリサーチパーク内に位置し、基盤商品の最先端(世界一、世界初)を実現するため、トライボロジー、素材、表面改質および粉体技術を高度化し、軸受機能の向上、地球環境保全につながる革新的なもの造り技術の創造に取り組んでいます。また、新エネルギー分野など、成長市場に向けた取り組みとして、部材開発、システム開発などの研究開発を行なっています。

先端技術研究所

先端技術研究所
(所在地:三重県桑名市陽だまりの丘5丁目105番)

エネルギー循環型モデル「グリーンパワーパーク」

エネルギー循環型モデル「グリーンパワーパーク」

お問い合わせ先

NTN株式会社
広報・IR部

TEL:06-6449-3579 FAX:06-6443-3226

お問い合わせフォーム

印刷する