HOME > ニュース > 広報ニュース:2013年 > フランスでインホイールモータ搭載の超小型EVの実証事業を開始

2013年

印刷する

フランスでインホイールモータ搭載の超小型EVの実証事業を開始2013年6月17日広報ニュース

NTN株式会社(以下、NTN)は、独自で開発した「インホイールモータシステム」を搭載した超小型電気自動車(EV)の公道での実証事業をフランスのアヌシー市と共同で開始しました。

NTNは、これまでもアヌシー市におけるNTN-SNR社内、工場間の移動やお客様の試乗用として、小型EVを活用しておりましたが、今回、新たに開発した超小型EVをアヌシー市の公用車として貸与し、より大規模な公道での社会実証事業を1年間にわたり実施します。

実証事業に使用する超小型EVは、NTNが開発した「小型EV用インホイールモータシステム」を搭載した2人乗りで、最高時速75kmで走行可能です。ボディは、車両製造のラザレス社(アヌシー市)が製作し、欧州の電動マイクロカーの公式規格である「L7e」*カテゴリーの登録を行いました。インホイールモータ搭載の超小型EVによる登録車両としての公道実証は世界で初めてです。

超小型EVは、6月10日、国際的なアニメーションの祭典である「アヌシー国際アニメーション映画祭」のオープニングイベントでお披露目し、期間中は各会場の移動に使用され、今後は、アヌシー市の公用車として関連施設間の移動や配送などに使われます。

NTNは、ベアリング(軸受)の研究・開発で培った技術や、ハブベアリングで世界No.1シェアの強みを活かし、インホイールモータシステムをはじめ、EVや環境対応車などの次世代自動車向けシステム商品の開発を進めております。日本国内では、静岡県磐田市でコンバートEVの社会実証実験を進めてきたところであり、さらに国土交通省が本年から創設した「超小型モビリティ認定制度」に対応する電動コミュータ車両の実証事業を計画しています。

次世代自動車の開発・事業化において、より先進的な欧州における実証事業を先行して行うことで、EVシステム商品の実用化に向けた最先端技術の開発を加速させるとともに、超小型モビリティの早期普及に向けた活動を加速させてまいります。

* 最高出力は15kW(約20ps)等のヨーロッパの電動マイクロカーの規格

写真:アヌシー市リゴー市長が試乗アヌシー市リゴー市長が試乗

写真:「アヌシー国際アニメーション映画祭」でお披露目した「TOO'in」リゴー市長(左から2番目)による市庁舎での除幕式「アヌシー国際アニメーション映画祭」で
お披露目した超小型EV
リゴー市長(左から2番目)による市庁舎での除幕式

ご参考:インホイールモータ方式とは

インホイールモータ方式は、ホイールにモータを直接取り付ける方式であり、車内スペースの有効利用や車両設計の自由度が大幅に向上します。NTNが開発した「小型EV用インホイールモータシステム」は、インホイールモータを構成するハブベアリングと減速機、モータをホイール内に格納できるまで小型・軽量化し、インバータを含む制御システムまで含めたEVシステム商品です。

インホイールモータ方式の小型EVは、買い物や通勤・地域の観光などの近距離走行に最適で、乗降性がよく高齢者にやさしいEVであり、地域の手軽な足として地域コミュニティにおける活用も期待されています。

ご参考:インホイールモータシステムと実証事業車両

小型EV用インホイールモータシステムの特長

-空間スペース有効利用・設計自由度の向上-

  1. 小型インホイールモータモジュール
    薄型ハブベアリングを採用し、ホイール内への格納が可能。
  2. 駆動系を一体的にシステム化
    駆動モータ、減速機、ハブベアリング、制御システム(インバータを含む)
  3. 左右輪の駆動力独立制御

小型EV用インホイールモータシステム

写真:小型EV用インホイールモータシステム

写真:小型EV用インホイールモータシステム

超小型EV

写真:超小型EV

全長 2.85m
全幅 1.425m
総重量 398kg(除くバッテリー)
最高時速 75km/h
最高出力 4kW×2
駆動方式 後輪2輪駆動(インホイールモータ)

お問い合わせ先

NTN株式会社
広報・IR部

TEL:06-6449-3579 FAX:06-6443-3226

お問い合わせフォーム

印刷する