HOME > 商品・技術情報 > 新商品ニュース:2017年 >  トランスミッション用「超低フリクションシール付玉軸受」を開発

2017

印刷する

新商品
トランスミッション用「超低フリクションシール付玉軸受」を開発
2017年5月24日新商品ニュース

非接触タイプシールに匹敵する低トルクを実現

NTN株式会社(以下、NTN)は、独自形状の超低フリクションシールを採用することで、従来の接触タイプシールより回転トルクを80%低減したトランスミッション用「超低フリクションシール付玉軸受」を開発しました。

自動車の省燃費化に伴い、トランスミッション用軸受には、長寿命に加え、さらなる低トルク化が求められています。また、トランスミッション内に発生するギアの摩耗粉など、硬質異物の軸受侵入による軸受寿命の低下を抑制するため、従来は接触タイプシールの適用が標準的でしたが、シール部が軸受内輪に接触することで、回転時に引き摺りトルクが発生する課題がありました。さらに、近年のEVやHEVといった高速回転が必要とされる用途においては、シール部の周速限界の制約により、接触タイプシールの適用は困難でした。

今回開発した「超低フリクションシール付玉軸受」は、シールリップのすべり接触部に円弧状(半円筒状)の微小突起を等間隔に設けた新開発の接触タイプシールを採用することで、回転トルクを従来品比で80%低減し、非接触タイプシールに匹敵する低トルク効果を実現いたしました。回転時には、微小突起によるくさび膜効果によって、シールと内輪の摺動面の間に油膜が形成され、接触タイプシールでありながら、シールの引き摺りトルクを大幅に低減しています。さらに、シールリップの突起は微小なため、潤滑油を通しても軸受に有害な硬質異物の侵入は防ぐことができ、軸受寿命も確保しています。

NTNは、本開発品をグローバルに提案・市場展開し、自動車の省燃費化に貢献してまいります。また、本開発品は、5月24日〜26日にパシフィコ横浜で開催される「人とくるまのテクノロジー展2017」に出展いたします。

特長

1. 回転トルク 80%低減(当社従来品(接触タイプシール)比)
2. 異物潤滑下寿命 5倍以上(当社従来品(シール無しタイプ)比)
3. シール周速 50m/s以上(当社従来品(接触タイプシール)比2倍以上)

用途

  • トランスミッション用軸受、デファレンシャル用軸受

お問い合わせ先

自動車事業本部  事業企画部  TEL 03-6713-3667

お問い合わせフォーム

商品写真

「超低フリクションシール付玉軸受」「超低フリクションシール付玉軸受」
開発品の断面図
開発品の断面図 開発シール(カット図)に設けた
円弧状(半円筒状)の微小突起
(上カット図では5か所)
トルク測定結果トルク測定結果

印刷する