HOME > 商品・技術情報 > 新商品ニュース:2013年 > 「自動車次世代ステアリング用MCU」を開発

2013年

印刷する

新商品
「自動車次世代ステアリング用MCU」を開発
(新名称:「次世代ステアリング用メカニカルクラッチユニット(MCU)」**)
2013年11月26日新商品ニュース

世界初の次世代ステアリング、ダイレクトアダプティブステアリングに採用!

NTN株式会社(以下、NTN)は、日産自動車株式会社(以下、日産)が開発した、ダイレクトアダプティブステアリングに使用される、「自動車次世代ステアリング用MCU*1」を開発し、2013年より市場展開を開始しました。

従来のステアリングシステムは、ドライバーのステアリング操作を、シャフトを介してタイヤに伝達します。一方、ダイレクトアダプティブステアリングはドライバーのステアリング操作を、電気信号を介してタイヤに伝達するため、ステアリングとタイヤの間に常時機械的に締結する要素がなく、路面の凸凹に影響されず、俊敏かつ正確なステアリング操作が可能になります。

また、ダイレクトアダプティブステアリングは機能が維持できない故障検出時のため、ハンドルとタイヤを機械的に繋ぐためのバックアップ機構も有しています。

今回NTNが開発した「自動車次世代ステアリング用MCU」は、ダイレクトアダプティブステアリングのバックアップ機構の実現に貢献しています。電磁クラッチとローラクラッチを組み合わせたコンパクトな構成で、ダイレクトアダプティブステアリング機能時には電磁クラッチに通電されることで、ローラクラッチが解放され、ステアリング操作は電気信号を介してタイヤに伝達されます。一方、ダイレクトアダプティブステアリングの故障検出時には、電磁クラッチへの電源が遮断されるため、ローラクラッチが瞬時に締結し、ステアリング操作は機械的にタイヤに伝達されます。さらに、高負荷容量設計により、機械的締結時の高い信頼性を有しています。

NTNは、上記機能を備えた「自動車次世代ステアリング用MCU」を、次世代ステアリングのコア技術商品としてさらなる市場展開を進めてまいります。

*1: MCU : Mechanical Clutch Unit(メカニカルクラッチユニット)の略
**: 本商品は、2014年3月から「次世代ステアリング用メカニカルクラッチユニット(MCU)」に名称を変更しております。

特長

(1) コンパクト : 省スペース設計 φ 85mm × 190mm
(2) 優れた応答性 : 機械的締結時の作動時間 0.1秒以下
(3) 高負荷容量設計 : 定格トルク容量 80N·m

用途

自動車用次世代ステアリング

お問い合わせ先

自動車事業本部 事業企画部 TEL 0538-37-8418

お問い合わせフォーム

商品写真

自動車次世代ステアリング用MCU 自動車次世代ステアリング用MCU


適用部位

適用部位

印刷する