HOME > ニュース > イベントニュース:2017年 > 北京国際風力発電展覧会「China Wind Power 2017」に出展

2017年

印刷する

北京国際風力発電展覧会「China Wind Power 2017」に出展2017年10月2日イベント

会期 2017年10月17日(火)〜19日(木)
会場 中国 北京市
中国国際展覧中心
ブースNo. W3-C04

China Wind Power 2017

NTNは、北京国際風力発電展覧会「China Wind Power 2017」に出展いたします。

『The Future of Wind Turbines〜風車をなめらかにするNTNの技術力〜』をテーマに、次世代風車に求められる洋上化・大型化・信頼性向上に貢献する商品や、モニタリングシステムによる異常検知技術などをご紹介します。

ブースでは、新商品の「左右列非対称自動調心ころ軸受」をはじめとした主軸用軸受や絶縁性能を確保した発電機用軸受など、風力発電装置に使用される多数の商品を出展します。また、軸受の状態を遠隔地から常時監視できる風力発電装置用状態監視システム(CMS*)「Wind Doctor®」の監視機能を、TVモニターを使用して実演いたします。

皆さまのご来場をお待ちしております。

* Condition Monitoring Systemの略称

主な展示商品

風力発電装置主軸用「左右列非対称自動調心ころ軸受」

軸受内部のころを左右列で非対称設計とすることで、軸受の計算寿命を従来品比約2.5倍とし、PV値を約30%低減して耐摩耗特性も向上。

風力発電装置主軸用「左右列非対称自動調心ころ軸受」

風力発電装置用状態監視システム(CMS) 「Wind Doctor®」

世界最小クラスのデータ収集装置、測定用センサ、データ管理・監視・分析ソフトウェアで構成されたCMS。国内初のGL認証(風力発電機の認証制度)を取得。

風力発電装置用状態監視システム(CMS) 「Wind Doctor®」

お問い合わせ先

お問い合わせフォーム

印刷する