HOME > 社会的責任 > コーポレート・ガバナンス:リスクマネジメント

リスクマネジメント

基本的な考え方と推進体制

当社は、「リスク管理に関する基本方針」を定めるとともに、有事の際にとるべき体制・基準をまとめた「リスク管理規程」を制定し、リスクが顕在化することで会社に生じる好ましくない結果の低減、もしくはその発生未然防止のためのリスク管理を推進しています。リスク管理に関する諮問機関として、「リスク管理委員会」を設置し、半期に一度開催しています。また、当期より「NTNグループ グローバルリスク」(以下、グローバルリスク)を定め、新たな体制のもと、グローバルでのリスク管理を推進していきます。

さらに、リスクへの対応力、復旧力の向上に継続的に取り組んでおり、災害など事業継続を妨げる事態が発生しても、安全を確保し、重要業務を中断させない、または可能な限り短期間で再開させるための事業継続計画(BCP)/事業継続管理(BCM)も推進しています。

グローバルリスク管理体制

グローバルリスク管理体制

主な取り組み

グローバルリスク管理体制の強化・再構築

リスク管理委員会において、これまでの重点管理リスクを改め、新たに当社グループ全体が取り組むべきリスクとして「グローバルリスク」とその推進のために「管理方針」および「スローガン」を設定しました。

グローバルリスク管理方針

NTNグループで予防・危機・復旧対策を積極的に行い、「次の100年」に向けた基礎づくりを推進します。

スローガン

Risk Management is our Mission
〜リスク管理は私たちの使命〜

これまでの重点管理リスクは、役員および部門長からの意見をもとに、リスク管理委員会で設定していましたが、当社グループ全体の包括的なグローバルでのリスク管理が必要であるとの考えから、地域共通性のある9つのリスクを「グローバルリスク」としました。(上図「グローバルリスク管理体制」参照)

グローバルリスクの管理を目的に「グローバルリスクマネジメントデータベース」を構築し、国内の事業所と関係会社だけでなく、海外の関係会社からもリスク管理報告を受けることで、当社グループ全体での現状把握を進めています。

一方で地域統括の観点からは、本社(推進部署)だけでなく、各地区・各事業本部(主管部署)の役割を明らかにし、地域特有のリスク管理をしていくことも必要です。こうした課題も踏まえて、来期は以下の取り組みを推進していきます。

  1. グローバルリスク管理体制の運用を本格稼働
  2. リスク管理におけるガバナンスの強化
  3. グローバルリスクマネジメントデータベースの機能向上、有効活用の仕組みづくり

その他、リスクの発生を未然に防止したり、事前に備えるべく各地域で特性に合った施策を実施しています。例えば、日本国内では地震や万が一の劇毒物流出などを想定した訓練を、海外では竜巻を想定した避難訓練などを実施しています。

竜巻を想定した避難訓練を実施 (NTN-BOWER CORP.)

BCP/BCMを継続的に推進

社内推進体制の強化

「BCP/BCM部会」の設置・開催

BCP/BCMの社内推進体制を強化するため、リスク管理委員会の下に本社推進部署で構成する「BCP/BCM部会」を設置・開催し、定期的な会合・進捗情報の共有を行う推進体制を確立としました。また、BCMの体制確立に向けて、2016年12月よりBCPの再構築を国内の主要事業所から開始しました。すでに策定済みの事業継続計画要領・事業継続計画書についても、より実情に則した内容への修正を順次実施しています。

主要事業所でのBCP立案の様子

グループ全体でのリスク管理の推進に取り組んでいます。

リスク管理体制の強化を図り、「次の100年」に向けた基礎づくりを進めています。中でも、グローバルのリスク管理の推進は、当社の喫緊の課題です。当社グループのリスクをグローバルな規模で把握しており、国内・海外関係会社とも連携して、速やかに対応策を講じるとともに、当社グループ一丸となって取り組んでいます。

またBCP/BCMの取り組みとして、新たに「BCP/BCM部会」を設置し社内推進体制の強化を図りました。今後はBCPの拡充について、推進対象の事業所を順次拡大し、被災時の早期復旧によるお客さまへの安定供給に努めていきます。

常務取締役
リスク管理統轄責任者

大橋 啓二