HOME > 社会的責任 > 6つの資本を活かした事業活動:自然資本 > 事業活動と環境負荷

事業活動と環境負荷

事業活動と環境負荷

当社グループは、開発、設計から物流に至るまでのすべての工程で環境負荷の低減を図っています。その一環として、製造プロセスへのINPUT(原材料、エネルギー、化学物質(PRTR)、水)と、製造プロセスからのOUTPUT(大気、廃棄物、化学物質(PRTR)、排水)の全体像を把握し、これらを削減することに取り組んでいます。

国内の生産活動に伴う環境負荷(2017年3月期)

対象:国内グループ

図:国内の生産活動に伴う環境負荷(2017年3月期)

*1 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律

*2 マテリアルリサイクル: 原材料としてリサイクル

*3 サーマルリサイクル: 燃料としてリサイクル

環境会計

環境保全コスト

(百万円/年)

分類 設備投資額 費用 総合計
金額 主な内容 金額 主な内容








公害防止コスト 5 環境施設(集塵機、ばい煙除去装置、排水処理施設)設備 238 環境施設(集塵機、排水処理施設)の保守・点検・維持管理など  
地球環境保全コスト 68 省エネ設備(コンプレッサ、照明、空調など) 216 省エネ設備設置費
資源循環コスト 0 542 廃棄物リサイクル・減量化対策、一般・産廃の処理費用
上下流コスト 0 2 グリーン調達にかかわる分析
管理活動コスト 0 440 環境マネジメントシステム(EMS)にかかる人件費
情報開示(広告、NTNレポート)場内の緑化・美化
研究開発コスト 1,577 環境保全にかかわる研究開発設備 2,392 環境保全に関する研究開発費
社会活動コスト 0 5 社外の緑化・美化
環境損傷対応コスト 0 5 土壌調査・対策費用
合計 1,650 3,840 5,490
(参考)2016年3月期合計 1,580   5,668   7,248

環境保全効果

指標 2016年3月期 2017年3月期
CO2総排出量 27.5万トン 27.7万トン
廃棄物の削減 リサイクル率 99.9% リサイクル率 99.9%

環境保全対策に伴う経済効果

(百万円/年)

項目 金額 主な内容
地球環境保全コスト・効果 105 空調・コンプレッサ・照明の省エネ効果など
資源循環コスト・効果 460 金属スラッジなどの有価物売却益
合計 565  
(参考)
2016年3月期合計
527