HOME > 社会的責任 > コーポレート・ガバナンス:CSRマネジメント

CSRマネジメント

基本的な考え方と推進体制

CSRとは、Corporate Social Responsibility(企業の社会的責任)の略称です。当社グループでは、「企業活動に環境保全への配慮や社会的公正・貢献などへの取り組みを盛り込み、ステークホルダーに対し説明責任を果たすと同時に、経済的のみならず、環境的・社会的な企業活動の向上を目指すこと」をCSRの定義としています。

当社グループは、以下のCSR活動全般を推進するため、CSR部を統括部署とし、関係部門と「CSR委員会」を定期的に開催するとともに、国内外の事業所にCSR管理者とCSR担当者を任命しています。

  1. コーポレート・ガバナンス:企業統治、内部統制
  2. コンプライアンス:法令、社内規程および社会的規範の遵守
  3. 環境管理:自然環境・生態系保護、緑化活動
  4. 社会貢献:ボランティア活動、芸術・文化支援、災害復興支援
  5. 顧客:顧客満足の向上
  6. 取引先:パートナーシップ(共存・共栄関係)の構築
  7. 従業員:人材開発、労働環境の向上

また、「CSR基本方針」に則って、従業員一人ひとりが日々の業務の中でCSR活動を実践する際の指針として「社員行動指針」、遵守すべき「業務行動規準」を制定しています。

CSR委員会とCSR活動の管理・推進体制

CSR委員会とCSR活動の管理・推進体制

主な取り組み

CSR委員会による活動

CSR委員会開催回数

2回開催

CSR部長を委員長とし、関係部門の部門長を中心に構成する「CSR委員会」を年2回開催しており、CSR活動を効果的に推進するための課題や施策を審議・推進しています。

当期は、国連グローバル・コンパクトの定める4分野、10原則に沿って、主に人権やサプライチェーンCSR、環境マネジメントシステムのISO14001改訂などの社会的要請について審議しました。また、企業としての説明責任を果たすため、情報開示にも積極的に取り組んでいます。

さらに、見えない資産である非財務情報の「見える化」のため、KPI (Key Performance Indicator:目標に対する実績・進捗を具体的に測定するための指標)を各部門で設定しています。定期的に本委員会でKPIを報告・議論することで、非財務情報の重要性の認識を高めるとともに、企業価値の向上を図っています。その結果、株式市場において、環境保全や社会貢献などに積極的に取り組む企業として評価され、複数のSRI (社会的責任投資)ファンドやSRIインデックスに組み入れられています。

1. FTSE Blossom Japan Index

2. MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数

3. MSCI日本株女性活躍指数(WIN)

4. FTSE4Good

5. SNAMサステナビリティ・インデックス

6. モーニングスター社会的責任投資株価指数

今後は、持続可能な開発目標(SDGs)にも対応したマテリアリティ(幅広いCSR活動の中でも特に重要な課題)を、ステークホルダー・ダイアログなどでいただいた外部の方からのご意見も反映し、設定していきます。

*1 2017年6月末時点の組み入れ状況

*2 NTN株式会社のMSCIインデックスへの組み入れや、MSCIのロゴ、商標、サービスマークやインデックス名の使用は、MSCIまたはその関係会社によるNTN株式会社の後援、推薦、販売促進ではありません。MSCIインデックスはMSCIの独占的財産です。MSCIおよびMSCIインデックスの名称とロゴは、MSCIまたはその関係会社の商標またはサービスマークです。

経営基盤の強化

グループ全体でCSR活動推進

CSRグローバル会議を毎年開催

グローバルな情報交換・人的交流をとおした当社グループ全体のCSR活動の推進を目的に「CSRグローバル会議」を開催しています。

第1回会議では、CSR活動をグローバルに推進していくための基盤づくりを行い、第2回会議では、国を跨いだ横のつながりをさらに強化しました。

第3回となる今回は、海外5地区総支配人室 内部統制課と社外取締役、監査役、CSR(社会的責任)推進本部、内部監査・考査部が出席し、「Step Together for Transformation」をスローガンに掲げて議論しました。各地域の実情や特性を踏まえながら、リスク管理やコンプライアンス推進、内部統制などのテーマについて、地域・国ごとの施策を検討し議論を重ねることで、グローバルでのCSR 活動推進につなげることができました。

今回議論した内容を、今後のルールづくりや社内教育・啓発活動に活かすなど、グローバルで体制強化を図ることで、さらなる経営基盤の強化につなげていきます。

CSRグローバル会議の様子

CSRグローバル会議の様子

企業理念の浸透に向けて

企業理念浸透度調査 回答率

89%

従業員への 認知度

87%

長期ビジョン「NTNのあるべき姿」である「世界中の従業員に企業理念が浸透し、自ら考え、自ら行動する企業」の実現を目指し、企業理念の浸透活動を推進しています。
企業理念の浸透段階を以下の3ステップとし、各ステップに応じた施策を推進しています。

  • ステップ1:「企業理念」の存在、文言を従業員に認知させる
  • ステップ2:「企業理念」の内容に対する従業員の共感・理解を得る
  • ステップ3:従業員それぞれが自らの仕事を通じて「企業理念」を実践するとともに、実践を継続させるための仕組みを確立する

企業理念の浸透活動の様子

企業理念の
浸透活動の様子

前期は、企業理念を13ヵ国語に翻訳したポスターおよび携帯カードを作成し、国内外の子会社に配布することで認知度を上げました。当期においては、企業理念の認知度や浸透を阻害する要因などを把握するために、「企業理念浸透度調査」を実施しました。その結果、従業員への認知度は87%となり、当期はステップ2に取り組みました。具体的に、現在の企業理念の解釈を深め、企業理念行動方針の策定を進めるほかに、企業理念体系の見直しなどさまざまな施策を実施しています。

引き続き、共感・理解を得る施策を進めるとともに、企業理念に結びついた活動に対する社内表彰の実施などを検討し、「NTNのあるべき姿」の実現を図ります。