HOME > 会社情報 > 沿革:1990〜2000年代

1990〜2000年代

1990年

米国統括会社(NTN USA CORP.)を設立。

桑名技術新館を建設。

1994年

桑名製作所が「ISO 9002」の認証を取得。

1996年 アメリカ Federal Mogul社の玉軸受部門を買収し、NTN-BCA Corp.を設立。
1997年

長野製作所および関係技術部が「ISO9001/QS-9000」の認証を取得。

等速ジョイント生産累計2億本達成。

ブラジルに販売会社 NTN do Brasil Ltda.を設立。

1998年

タイに軸受および等速ジョイントの製造会社NTN MANUFACTURING (THAILAND) CO., LTD.を設立。

磐田地区事業場が「ISO14001」の審査登録を受領。

フランスにRenault社と合弁で等速ジョイント製造会社 NTN TRANSMISSIONS EUROPEを設立。

1999年 国内全生産拠点および研究・開発部門において、マルチサイト方式で「ISO14001」の審査登録を受領。
2002年

中国に等速ジョイント部品・ 軸受の製造合弁会社 上海恩梯恩精密機電有限公司を設立。

中国に日本電産株式会社と合弁で流体動圧軸受ユニット製造会社 恩梯恩日本電産(浙江)有限公司を設立。

中国に裕隆グループと合弁で等速ジョイント製造合弁会社 廣州恩梯恩裕隆傅動系統有限公司を設立。

2003年

等速ジョイント、生産累計3億本を達成。

アメリカに熱処理・ 旋削加工部品製造会社 NTK PRECISION AXLE CORP.を設立。

中国に等速ジョイント製造会社 北京瑞韓恩梯恩汽車部件有限公司を設立。

アメリカに鍛造加工部品製造会社 ASAHI FORGE OF AMERICA CORP.を設立。

2004年

国内軸受のモデル工場として株式会社NTN三重製作所を設立。

中国に軸受製造合弁会社 常州恩梯恩精密軸承有限公司を設立。

磐田製作所、桑名製作所、岡山製作所、長野製作所がISO9001およびISO/TS16949認証取得。

2005年

中国に持株統括会社 恩梯恩(中国)投資有限公司を設立。

磐田に総合研究開発センターを設立。

タイに日本電産株式会社と合弁で流体動圧軸受ユニット製造会社 NTN-NIDEC (THAILAND) CO., LTD.を設立。

インドに等速ジョイント製造会社 NTN NEI Manufacturing India Private LTD.を設立。

軸受ローラー(ころ)製造会社として株式会社 NTN上伊那製作所を設立。

2006年

ドイツIFAグループの等速ジョイント製造会社である IFA-Antriebstechnik GmbHに資本参加。

国内で3ヶ所目となる等速ジョイント製造拠点として株式会社NTN袋井製作所を設立。

2007年

アメリカにKorea Flange Co., Ltd. KOFCOグループと合弁で等速ジョイント製造・販売会社 Seohan-NTN Driveshaft USA CORP.を設立。

石川県に大形軸受の旋削会社として株式会社NTN羽咋製作所を設立。

RENAULT社の子会社であるフランスSNR ROULEMENTS社に資本参加。(2008年 NTN株式会社の連結子会社になる。2010年 NTN-SNR ROULEMENTSに社名変更。)

中国に南京浦鎮車両廠と合弁で鉄道車両用軸受の製造・販売会社として南京浦鎮恩梯恩鉄路軸承有限公司を設立。

2008年

石川県に超大形軸受および機械部品の製造・ 販売会社として株式会社NTN宝達志水製作所を設立。

製造子会社であるNTN TRANSMISSIONS EUROPEがフランス鍛造メーカーSETFORGEグループのCrézancy工場を買収し、NTN TRANSMISSIONS EUROPE CRÉZANCYを設立。

岡山県に自動車および産業機械用軸受の製造・販売会社として株式会社NTN赤磐製作所を設立。

2009年

桑名に要素技術研究開発センターを開設。

石川県に大形軸受の鍛造会社として株式会社NTN志賀製作所を設立。